どうも、ソエです。

今回は、PHPのことを改めて復習しようと思い、まとめてみました。
なお、簡単な言葉で軽く説明しているに過ぎないので、徹底的に、本気で、正しく知りたい方は他の方の記事を見て下さい。

では、参考程度にどうぞ。

PHPとは

PHPは、動的にWebページを作成できるサーバーサイドのスクリプト言語です。

サーバーサイドとは

ゲームで言う、セーブデータを保管するようにするシステムを動しているもののこと。

HTMLとの違い

HTMLとは違い、PHPはデータを保管できるのでユーザーも使うことが出来る。
しかし、HTMLはデータを保管できないためユーザーは見るしかできない。

他にもいろいろあると思うけど、私的にはこの違いが大きいイメージがあります。

基本的な書き方

PHPは、HTMLとは少し違った書き方で、書ける場所が限定的。

PHPが書ける場所は、以下の「<?php」から「?>」の間。
「echo」は、文字列などを表示するHTMLでいうタグのようなもので、以下の場合「表示内容」とブラウザに表示されます。

<?php
echo “表示内容”;
?>

PHPで作れるもの

私が調べ、知っている限りは以下の通りです。

  • 動的なサイト
  • 管理システム
  • WordPressのブログテーマ
  • SNS
  • Webアプリ

よく紹介されているのは、pixiv、楽天、Facebookが主です。
このブログのテーマもPHPで私が作成いたしました。
テーマ自体は、見た目だけなら初心者でも1カ月かかるかかからないかで完成すると思います。

終わりに

いかがでしたか?

最初は難しいと思いますが、使いこなせればかなり便利になるのでぜひとも学んでみて下さい。

では、ご閲覧ありがとうございました。

ご閲覧ありがとうございました!

プロフィール

ソエ

愛知県産のインドア。趣味はゲームとアニメ鑑賞。高校三年生にWebに興味を持ち専門学校へ入学。写真は愛犬です。

検索

ホーム/ PHP/

PHPとPHPの基本的な書き方まとめ【初心者向け】