どうも!ソエです!
今回は、専門学校に入ろうとしている方に向けて、専門学校生の私がどんなツールを使っているのかご紹介したいと思います。
少し気になっている方もいるかなあ、と思い書きました。
ちなみに、Webデザイン学科と書いていますがプログラミングもやっているのでそちらもご紹介しています。
では!どうぞ!

デザイン編

デザインは、基本的にAdobe製品を使います。
というか、WebデザイナーでAdobe製品を使わない人がいるのかどうか・・・
いるかもしれませんが、私はAdobe製品を主に使っているのでAdobe製品をメインに紹介していきます!

Adobe XD

XDは同じAdobe製品のPhotoshopとは違い、デザインを作りながら実際のサイトのように試せる、プロトタイプとして作れるのが利点です。
ロゴなどの細かいデザインは出来ませんが、画像さえ用意してしまえばサイトを作るのに最適です。
2020年9月現在では、Web業界からの人気や需要も増えてきているので、おそらく今後はより良い機能が実装されるかと思いますので、使ってみて下さい。

Adobe Illustrator

Illustratorは基本、ロゴやアイコンなどサイトのパーツになるようなものを作成するときに使用しています。
そうでなくとも、チラシや名刺などデザイン性を重視したものにはよく使用します。
細かい図形や、はっきりとした線を描けるところが利点で、Illustratorで二次創作などの絵を描く人もいます。

Adobe Photoshop

Photoshopでは、主にサイトのデザインの作成やバナー作成の時に使用します。
レイヤーが必要なバナー作成では最適だと思いますが、サイト制作ではXDを使い始めてからはあまり使わなくなったイメージが私にはあります。
あまりにもXDがサイトデザインの制作向きで・・・プロトタイプで試せるし・・・
しかし、バナーの場合はフィルターを使ったりするので、Photoshopが最適。
フォントもXDよりかデザインがいいフォントが多いので、バナー制作に使ってみて下さい。

Color Zilla

こちらは、サイトから色を抽出できるツールで、ほしい色などがあった際に使用しています。
Goggleの拡張機能で、無料でダウンロードできるので使ってみて下さい。
似たようなツールがたくさんありますので、色々試してみて下さい。

プログラム編

VScode

私は、コーディングの時はVScodeを使っています。
拡張機能がたくさんあることが利点で、SassはもちろんPHPをMAMPなしで見れることも可能です。

MAMP

PHPを試しに見たい時のテスト環境の時に、使用します。
ブログを作ったときなんかにも、使用しました。
WindowzにもMacにもダウンロードできるので、使ってみて下さい。

終わりに

以上が、私の使っているソフトとツールでした。
多いように感じる方は、一つ一つ学んでいけば大丈夫です。
誰しも初めて使いますが、業界の方はどうにかこうにか駆使してプロになっています。

焦らず、何を使うか分かった今日から環境を整えて、Web業界を目指してみてください!
では、ご閲覧ありがとうございました!

ご閲覧ありがとうございました!

プロフィール

ソエ

愛知県産のインドア。趣味はゲームとアニメ鑑賞。高校三年生にWebに興味を持ち専門学校へ入学。写真は愛犬です。

検索

ホーム/ そのほか/

Webデザイン学科の専門学校生が使ってきたソフトとツール